麦草峠でハイポーズ!・第2話

さて、K藤君の「鍵が無い事件」も無事解決し、昨年同様佐久インターそばのプラザ21と言うお風呂・仮眠室付きの健康ランドみたいなところにチェックイン。ここでメンバー全員がことなく合流完了。 お風呂に行くもよし、韓国居酒屋でもよし、寝るもよし。 あとは明日の朝を元気に迎えるだけ。

と言うことで恒例の韓国居酒屋へ!! (結局飲むわけです。)  昨年と変わらず緑のじんべえみたいな、宗教団体みたいな室内着に着替え、先ずはカンパーイ!!                          ggh.jpg  って、グラスかなり空いてるけど……….。 名付けて      しずサイ風、レース前夜のリラックス調整プログラム!(何のこっちゃ?)

ちぢみ・牛すじ・キムチ・韓国餃子・冷麺・ユッケ・石焼ビビンバ・・・e.t.c.      「よく食べて、よく飲んで、よく寝て、元気に走ろう八ヶ岳!」 そんな感じです。 でもって、そろそろお開き。 寝る前の注意点。 仮眠室は大勢の方がお休みになられています。仮眠室は消灯時間を過ぎると真っ暗闇なのでお互いにどこで寝ているか確認しながら仮眠ベッドに行って下さい!! じゃないと、もし寝坊しても探すことが出来ないですからねえ! と言うことでお休みなさーい! 集合はロビーに5:15です。 イメージがわかない人の為に                              piftrse.jpg    kli.jpg  

こんな感じで午前1時には部屋が真っ暗になるのです。 

「コーケコッコー」、各自5:00頃に目覚ましをセットしていたようで、我々レースに行くメンバーは他の方々が熟睡している中、そーっと起きてロビーに集合。「おはようございまーす。」 1・2・3・4・・・・・8人。  1人いない? 寝ぼけているからすぐに確認が取れない。 「あっ、M崎だ」 起こしに行かなくては。 「えーっとM崎さん、どこら辺で寝てるか知っている人ー?」 し~~ん。 「誰も知らないの?」 あれほど言っておいたのに! 仕方が無い。 私は若手二人を引き連れてもう一度仮眠室へ。 真っ暗でどれがM崎さんなのか非常に解りずらい。「K原君これじゃない?」 「いやー、微妙ですねえ」 「K藤君、ゆすってみるか」 「いやー、やばいんじゃないですか」 みたいな会話を交わしながらも、昼間は眼鏡使用のM崎さんを見分けることが出来ない。困りました。 こちらがゴソゴソやっている気配を感じたのか、そのM崎さんの様なそうじゃない様な人がゴソゴソ動いた。 チャンス到来!「あのー、もしやM崎さんでは……?」 とその時、予想が確信に変わったのです。「やったー、M崎さんだ!」 慌てふためくM崎さんでしたが、間違えなくて本当に良かったです。 今後は寝る前に確認を忘れないようにしましょう! 無事全員でチェックアウト完了。大会受付にも充分間に合いました。

 tyjtd.jpg      gtj.jpg                              

さあ、準備開始。 あとはスタートを待つだけです。  と言うわけで続きは明日。 おやすみなさい!

コメントは受け付けていません。